挑戦するからこそ、創造できる価値がある。

社員紹介トップへもどる

民間の力を活用して公共施設の建設と運営を支える。 民間の力を活用して公共施設の建設と運営を支える。 PFI・インフラ

(所属は取材当時)

多くの企業や人と関わりたい。

大学では文学部外国語学科を専攻し、教員免許も取得しましたが、「様々な企業や人と関わる仕事がしたい」という希望を抱いて就職活動をしました。幅広い業種の中から、メーカーと金融に絞って検討していた時に、MULを知りました。中小企業から大企業、公共団体をも相手にするフィールドの広さや、不動産・医療・環境・国際といった事業の多彩さに魅力を感じ「この会社なら自分の可能性を広げられる」と確信しました。入社後は横浜支店に配属になり、神奈川県内の法人営業を担当しています。主な取引先は、県内に多い製造業をはじめ、商社、販売店、病院、学校などです。入社して3年目となりますが、既に120以上ものお客様とビジネスについて話をする様になりました。

多彩な機能を掛け合わせて新しい提案を。

お客様とのお付き合いは、既存のお客様からの紹介や電話による営業から始まります。初めから明確な課題を持つ企業もあれば、漠然とした要望としか認識してない企業もあります。そのため、私はまず、お客様との会話の中から課題・ニーズをきちんと把握することを心掛けています。そしてその課題に対してMULとして何ができるか検討し、提案します。たとえば「事業資金が必要」という話を聞き、別の機会に「遊休資産がある」と聞けば、当社の中古資産買取サービスを提案します。「海外進出を考えている」と聞けば現地での資産調達や通関業務、物件設置代行などのサポートを紹介します。MULには数多くの機能・サービスがあります。それらを駆使することで常に新しい提案ができ、お客様のビジネスに幅広く貢献することができるのです。

手応えを感じる仕事に出会えた歓び。

入社1年目の時、新規顧客開拓のため、全く接点のない企業に飛び込み訪問をしていました。もちろん話を聞いてくれない企業がほとんどでしたが、その時知り合ったある企業の担当者の方が私の提案に魅力を感じてくれました。このお客様はパソコン200台を他社のリースで保有していて、「セキュリティやライセンス管理にも不安があるが、整備に予算はあまりかけられない」という悩みを抱えていました。それに対し、私はITサービスを専門に扱うグループ会社の資産管理ツールを活用し、リースとセキュリティシステム、ライセンス管理のサービスをトータルで提供することを提案しました。このお客様には既に数社がアプローチしていたのですが、提案内容は全て単純な“販売”に限定したものでした。それに対して私の提案は「多角的、かつワンストップのサービスでコストも手間も軽減できる」との評価を受け、後発だったにもかかわらず、魅力を感じて頂き、有力候補として検討して頂けました。これを機にお客様と信頼関係を築くことができました。お客様とゼロから関係構築ができたことにより仕事で初めて手ごたえを感じることができ、私にとってターニングポイントとなる経験でした。こうした歓びとやりがいをエネルギーに、これからもキャリアを磨いていきたいと思っています。